■設立理念■

業界スタンダードの超越

 Japan Dental Frontierの名前の通り、日本の歯科市場に新しい市場を創造する事を目的に現在の業界のスタンダードをよりお客様(患者様)に有益なものになるように新しい歯科サービスのあり方を提示していくという目的を持っています。そして、そこに適切な市場原理が働き適正な競争による公正な市場の創造が出来るよう努めてまいりたいと理念があります。

 現在の閉鎖された歯科業界は適切な措置もなされぬほど混沌とした時代を迎えています。さらには競争の激化と言われているものの、そこに創意工夫のある医院経営が見られる場合が極めて少ないというサービス業という観点から見ると憤りを感じずにはいられません。またお客様に対しての適切な治療の説明がなされる場合も他業種に比べると非常に少なく、説明義務という意識が欠けているという場合が多く見受けられます。この状況がスタンダードであると言うのならば、変えていかなければお客様にとっては良いサービスと言える代物ではありません。

 そこには業界標準、業界慣習というものがあるのは承知をしておりますが、この業界には新しい風になりうる勢力によって再構成されるべきであると弊社は考えます。その新しい風を業界に吹き込むことにより何が期待出来るのかと言えば

①お客様(患者様)への正しい知識の啓蒙
②ユーザビリティーの向上
③歯科業界異質な業界体質の改善
④適正な市場原理による競争の創造
⑤一般的な視点からの適切な監視体制の樹立

 上記の5項目の達成による業界構造の再編、若しくは適正化を促せると期待出来るのです。
これが、弊社の設立理念です。

 すなわち、「限りなくお客様に近いサービス業としての歯科市場の開拓」が弊社の使命であり、それが業界の正常化、再編の鍵を握るものであると考え、これを理念として設立されたのが株式会社Japan Dental Frontierなのです。