■IPS e.max■

はじめに

(4)Zirconia (オールセラミック)
歯科製品ジルコニアは人工ダイヤモンドにも使われる素材を歯科素材に使用したものです。これは、強度があり特に奥歯(臼歯:きゅうし)部分に使われることが多いです。 IPS e.maxには色では劣る部分がありますが、しかしながら、その色味は実際に歯科技工士や歯科医師が見て判別出来るかというとかなり微妙な違いでしかありません。 また、そのジルコニアは強度が最も強い事が特徴でありますから二本連結したブリッジなどの 強度を必要とする審美治療をする場合にはジルコニアを使った方が良いとされています。
 

■詳細説明■

■Zirconiaは金属と使わない(オールセラミック)■

IPS e.maxと同様に、全く金属を使わない義歯ですので、金属アレルギーの心配や、金属の溶け出しによる歯茎の変色もございません。このジルコニアという素材は、強度が最も強く人工ダイヤモンドの素材としても使用されています。

■強度が必要な奥歯やブリッジに最適■

歯科治療には強度を必要とする治療があります。
特に「奥歯」と義歯を連結した「ブリッジ」と言われる歯科治療をする場合にはジルコニアを選択することが最も妥当だと考えられます。ダイヤモンドと同等の強度がありますから、奥歯など噛み締めてかなりの負荷がかかる部分に関して、またスポーツなどが趣味のお客様においては食いしばったりするので、強度の十分なジルコニアをお勧め致します。 

■ブリッジって何?■

歯科製品 歯科製品 歯科製品

上の画像のように、義歯をくっつけて(連結)して歯のない部分も補うという治療の事をブリッジと言います。 「歯が抜けたらインプラント」なんて事を広告している事がありますが、インプラントはチタンのネジを顎の骨の中に 没入し、その上に差歯をするという治療です。そのような治療は身体に負担が大きく、また、今日では訴訟にまで発展し 被害もかなりの件数が出ています。弊社としてはブリッジ治療を出来る状態にある状況であるのならば、ブリッジ治療を選択することが インプラント治療を受けるよりも、健康や体に優しいと考えており、「歯を失ってしまった」というお客様にはジルコニアのブリッジ治療を お勧めいたしております。また、上記の写真のように連結することで、長いブリッジも製作出来ますので、入れ歯の代わりとしても代用できる 場合が数多くあります。