Japan Dental Frontier

■Dental Business Management■

■Dental Business manegement(組織概要)■

 弊社グループ内で全ての歯科サービスの工程を完結することによってコストを最大限までに圧縮する事を可能にしました。

 弊社グループは大きく分けて三つのパートに分かれています。

Japan Dental Frontier


■JDF Groupという枠組み■

上記の図からご理解頂けると思いますが弊社、株式会社Japan Dental Frontierがトップとし各支持、円滑な歯科ビジネス遂行を担い、国際取引、貿易~国内販売促進、顧客管理をし適切な指示をグループに出します。 これにより円滑にコスト下げ品質を上げるという事を可能にします。また、それぞれが得意分野の仕事に専念出来るためによりその能力を発揮出来る環境を作り、グループ内での好循環を促進します。この業務形態は これまでの歯科市場にはなかった画期的なシステムであると弊社は考えます。JDF Groupという枠組みで弊社は現在日本国内に於いて最高の規模と生産能力、商社としてのビジネス知識、法務全てを持って事業を行って おり、日本国内最高規模の歯科ビジネスGroupとなったのです。これがJDF Groupという枠組みです。

■完全自社グループ完結の歯科サービス■

 上の図のように「株式会社Japan Dental Frontier」を 指示系統として、「Japan Dental frontier Lab」、「JDF Dental Clinic」が連携して業務を遂行することで 業務の効率化を促す事を可能としました。さらには、技術力の向上をしつつ、コストを下げ診療の質を下げないという画期的な業務遂行を可能としました。

 これまでの歯科業界では、「歯科技工所、歯科医院」という関係でしたがここに一般企業が入る事で、さらなるお客様への満足を高めるサービスを開発していくことが可能となるのです。

 また顧客管理、サービス企画提案、貿易実務、語学、企業内法務、契約など、ビジネスとして行わなければならない部分を(株)Japan Dental Frontierが一環して行うことにより、「Japan Dental Frontier Lab」と「JDF Dental Clinic」は専業分野に専念する事が出来る環境となり、生産性が著しく向上していくのです。また、一般的に医院などが不得意としている拡販戦略を行うこと、旧体制の市場を相手に競争を仕掛けることで、本当の意味での市場競争原理を働かせる事が出来ると考えられ、その競争の中でこの業界の新しい形というものが模索されるべきであると考えられるのです。