恋と歯とアナタとボクの関係 - 思いっきり恋をするために、艶やかな口元になろう!!

Archive for the ‘JDF Dental Service’ Category

JDF Dental Service,New infomation,企画提案者の苦悩 

8月 18, 2011

歯科治療が原因不明の疾患の原因になる可能性

 歯科医療が疾患の盲点、原因、疾患の治癒しない原因になりうる。
例えば精神疾患でも、現代では脳機能障害と言われ精神的な原因に
よる作用ではなく、脳内ホルモン、伝達物質の過剰や減少などによって
引き起されるとする事が明らかになってくる中で、歯科金属がイオン化して
溶け出したものなどが、それらに影響するという研究を見られるようになって
きました。

 また、医学的に科学的に現在立証されていないにしても、そもそも
医療というのは、身体に負担があるにせよ、例えば金属のボルトを
身体に入れるなど影響がないわけではないけれども、許容出来る範囲の
もの、又は影響が軽微に少ない、顕在的に感じられない程度の影響である
ならば、当該治療をした方がより良い生活を送ることが出来ると判断する
場合に、いわゆる「安全」という言葉を使用するわけです。

 しかしながら、考えてみると、日本の医療技術が発展しだしてから
どれ程の時間が経過しているでしょうか。戦後からだと考えると、
約60年程であって歴史はあさく、実際に先端医療として取入れた医術に
関して日本国土の中で臨床もそこまで多くないという事も言えるのでは
ないでしょうか。
 又、実際に海外に留学して医学を学んだとしても、ではその学徒であった
段階で読んだ文献などが、本当に現代の最先端の研究から見て妥当なもので
あるのか、それは疑わしいということもまた事実ではないでしょうか。

 あくまでも個人の学習により情報をどれくらいアップデートしているのか
という部分に関わってきますが、日々の医療業務の中で常に最先端の学習を
続けていられる医師というものは少ないと言わざる得ない現状があります。

 それこそ、大学に残り大学病院の中で臨床と学術的考察を深め続ける環境に
いない限り、相当の努力としない限り個人の開業医や、都道府県の医療機関に
従事する医師の方々では、時間も限られておりなかなかそのような学習をして
自らが学徒であった時の医療技術を現在の最新の医療、研究結果などと照らし
合わせていくという作業はなかなか難しい事だといわざる得ないというのが
現状であると言っても言い過ぎではないでしょうか。

 では、医学的知識が殆ど皆無と言ってもよい、普通のわたし達はどのように
自分の身体、健康を守っていったらよいのでしょうか。それには普段の生活
態度など気をつける点はありますが、なるべく身体に人工的なものを入れない
という事が大切であると言えるでしょう。

 安全と言われているものであっても、それが安全かというのは、結果的に
分かるという事であって、現段階では安全とされていても、10年後には
それが正しいか、どうかという事は分からないのです。不確定であるという
事実があるのならば、それならばなるべく自然な状態でいる、つまりは
人工的なものを身体に入れない生活と医療を心がける事が重要となってきます。

 例えば、現在歯科医療で使用されている、歯科金属、材料などでは
「比較的に安全」という事でニッケル、アマルガム、パラジウムなどの
合金が国の保険で使用が認められています。

 しかしながら、これは比較的安全というだけであって、長期的な予後経過に
ついては、保障されているわけではありません。個人差がありますから、それが
健在的に、自己が認識しうる状態にまで悪化するかは体質によって随分と異なる
のですが、少なからず害があると言っても過言ではないのです。

 金属のボルトを毎日舐めていようとは思いませんよね?
けれども、歯科素材の金属は口に入れているわけです。
しかも毎日それは口の中にあって、雨ざらしで置いてある金属のように
腐食していくわけです。

 金属は酸化をします。口の中は外部よりもっと過酷な状況で熱もあり、
唾液もありたくさんの化学物資も取り込まれてきますから、どのように
金属がそれに反応をしてイオン化した金属が身体に吸収され、疾患に
繋がっていくのかはかなり複雑なのです。

 しかし、ここで注意をしなければならないのが、どのような害をもたらす
のかということが確定的に分からないから、害がないといっているのではなく、
いづれにせよ「害はある」「害が消える事はない」という事です。

 その中で信頼出来るものは、やはりオールセラミックという結論になると
思います。オールセラミックというのは焼き物の材料です。瀬戸物とか
そのような陶器類のものと同じです。

 それこそ、随分と熱い料理を入れても、そこから化学物質が溶け出して
人体に影響を与えるとは随分と考えられにくいです。ですから、人工物と
いってもセラミックは、そもそも自然的なものであって、その自然物を
歯科に応用したものが歯科オールセラミック製品です。

 何か原因不明の疾患、憂鬱、パニック障害、皮膚炎など様々な疾患が
あり、因果関係としてははっきり医学的に根拠を求められるような研究
結果が出ているとは言い難い状況ですが、実際に臨床現場では、歯科金属を
取除いたら良くなったという事例はたくさん報告されているというのも又
揺ぎ無い事実であるのです。

 弊社の歯科サービスでは、セラミックに変えるという事も致して
おりますし、1本の施術に10~15万などの高額な請求はしません。
オールセラミックのIPS e.maxでも1本(1部分)27,000円です。
他の審美歯科や歯科医院などでオールセラミックIPS e.maxの
1本あたりの施術にかかる金額は13~20万となっています。これが
相場です。

 弊社がなぜ、ここまで、同じ製品でも安く出来るのかと言うのは
弊社がグループで経営を行っているからです。歯科技工所、
プロモーション活動、審美歯科医院の経営の3つのパートに分かれて
「JDF Group」を形成しています。なので、今まで歯科医師が多く
とっていた治療費をカットし、お客様におきましては製品の値段と
歯科医師への技術料2万をお支払い頂く事で治療を可能としました。

 例えば5本の歯を治療したい場合は
27,000円×5+20,000=15万5,000円で治療が出来るのです。

他歯科医院の1本分の値段で、お口の中の有害な金属を
除去出来るというのはかなりお得です。上記の製品で他医院との
比較をしてみますと、その差額に驚かれる事だと思います。

他歯科医院 IPS e.maxで5本治療
15万×5=75万円

【弊社治療価格】    【他歯科医院治療価格】
 15万5,000円          75万円

 歯科医院などではメンテナンス料金などと言って高額に
とっていますが、弊社の治療5回分に相当する
額です。

 どうぞ弊社の歯科サービスをご利用下さい。
名古屋で審美を続けて35年の実績を信頼を持つ
伊藤公一(いとうきみかず)先生の治療ですから
その治療品質も抜群です。
JDF Dental Clinic

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail

JDF Dental Service,New infomation

8月 12, 2011

夏季休暇のお知らせ

お客様、関係者様 各位
 
株式会社Japan Dental Frontierは夏季休暇に入ります。
8月13日~8月16日までの期間は夏季休暇となります。

 17日より、通常業務となります。
ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社Japan Dental Frontier
Customer Service 齋藤寿修 

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail

JDF Dental Service

8月 3, 2011

歯科金属完全除去美人プラン

 新しいプランを考えようと思っています。
歯科の保険診療の金属の中には身体に有害な金属が溶け出して
身体に蓄積していく類のものがあります。

 医学的にどのような詳しい疾患との因果関係ははっきりと
していない部分は大変に多いのですが、何かが完治するという
明確なことはなくとも、明らかに身体に有害である歯科金属が
溶け出して身体に影響を与えていると考えると非常に気分の悪い
ものです。

 今回は有害歯科金属を除去して、毎日イキイキというような
健康や美容に気を使う女性の皆さんに有益なサービスとなるように
歯科サービスプランを製作していきたいと思います。

事業企画責任者
齋藤寿修

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail

JDF Dental Service,New infomation,企画提案者の苦悩 

7月 11, 2011

WEB 製作3

 Japan Dental Frotnierの齋藤でございます。
さて、だいたいWEBも完成してきました。

 細かい部分の見直しと、あとは症例を扱っていくうちに症例の写真を
増やして、コンテンツを追加していく部分があるので、埋められない部分が
ありますが、上手に埋めていきたいと思います。

 以前「サービス」となっていたナヴィゲーションの表示を
「歯科製品」
変更しました。

 製品のラインナップと説明を書き加えました。
メタルボンド(セラミック)
ハイブリッドセラミック
IPS e.max(オールセラミック)
Zirconia(オールセラミック)

 足りない部分は随時追加としてやっていこうと思っています。
しばらくはWEBで自費の歯科治療が高すぎて困っているというお客様に
良い治療を紹介し満足して頂けるように、Landingページの製作をして
オールセラミックの歯科治療、保険の差し歯で色が変わって困っている
お客様に一人でも多く伝わるように上手にリスティング広告などを打って
良さを知って頂けるようにしていきたいと思う所存でございます。

株式会社Japan Dental Frontier
事業企画責任者 齋藤

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail

JDF Dental Service,New infomation,企画提案者の苦悩 

7月 2, 2011

WEB製作2

Topページのスライドイメージを2枚差し替えました。
笑顔にいちばん近い場所で

歯科相談しよう

【Contents追加】
Japan Dental Frontier Lab
国際標準機構登録状況について追加しました。
ISO9001-2000 
ISO13485-2003 

まだ高額過ぎる自費診療を受けますか?を追加しました。

7月9日までに全ての項目を閲覧出来るよう整備して参りますので
いましばらくお待ち下さいますようご理解をお願い申し上げます。

株式会社Japan Dental Frontier
WEB製作者 齋藤

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail

JDF Dental Service,企画提案者の苦悩 

7月 1, 2011

WEB 日々製作中

 コーポレートサイトを日々製作している毎日を送っているSaitoです。
全てのコンテンツが埋まり次第に、WEBのアクシビりティーの向上に
向けて精査して、使いやすいサイトにして参りたいと思います。

【本日の成果】
TOP ページのスライドイメージ2枚を差し替えました。

歯科治療説明会

【コンテンツ追加関連】
Dental-Business-Associationの【歯科業界の現状・実情】を追加。

【SEO関連】
 Metaなどの間違い、キーワード、強調の見直しをしました。

【その他】
 内容的に重複しているコンテンツをなるべく統合しました。

株式会社Japan Dental Frontier
WEB製作者 齋藤

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail

JDF Dental Service,株式会社Japan Dental Frontier 内貴の活動

6月 26, 2011

審美歯科、自費治療の認識。

 内貴です。

本日、私の地元で弊社審美治療案内のチラシを知人に配って来ました。

年齢は50~60代の女性の方々でした。

結果

若い世代より認識率は高く製品の価格等のリーズナブルさも理解を得られました。

若い世代より価格や治療に認識が高いのはやはり歯医者にかかって説明を受けた経験があるからでした。

が、しかし

何で良いのか理解されておらず、多少の説明はあったであろうとは思いますが

価格を聞いた時点で完全頭シャットアウトの為、自費治療のメリットが全然理解されていないのです。

本当に驚きのコメントの数々でした。

一番驚いたのは

自費治療したら歯の色は変わらない材質で出来る!!・・・これを知らない方は多々いらっしゃいますが

保険診療で前歯を治したら、色が変わったと申されるんです!!

 
これね当たり前なんです・・・。

色が変わる材質なんですから、だから保険適用内なんですよ。

でもね。。。

患者は知らなくて当然なんです。

悪く無いんです。

悪いのはキチンと説明のしない歯科医師にあります。

虫歯で前歯を治療し、保険と自費って治療があると言う旨だけを告げ

深い説明も無く、ただ自費は高額とだけ伝える。

それでは国が負担してくれる保険にしか目は行かないのは明らかで全く分からないまま治療が終わり

そして時が経ち歯の色が変わり何故なのか患者さんが苦悩する。。。

そうして歯に対する意識が薄れるばかりでなく

自費は特に違いはなく、ただ高いと言う変な認識が生まれていると言う現実がありました。

歯科医院での患者に対する配慮に心底落胆すると共に

今回、弊社では歯科医院を抱えて審美治療業務を行っていくにあたって

並々ならぬ熱意をヤル気が再沸騰致しました!!!

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail

JDF Dental Service,New infomation

6月 25, 2011

国内最大規模のデンタルビジネスグループの誕生

お客様・患者様各位 

 弊社、株式会社Japan Dental Frontierは、この度、愛知県名古屋市の歯科医院の
西高蔵歯科の経営、管理を歯科製品供給、顧客管理、販売管理、集客を全面的に
行うことで合意し、「JDF Dental Clinic」と名称を改め、弊社グループ事業者となりました
事をご報告致します。

 正式にコーポレートサイトに掲載するまでに画像などの準備がございます
ので、いましばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

 この結果として日本では初の商社、歯科技工所、歯科医院のグループとなり
正式に「JDF Group」として弊社を筆頭に関連事業者、企業を呼称致します。
事実上、日本国内でも最大規模歯科グループとなり一括して自社グループ内
全てを歯科治療の全てを完結できるシステムとなりました。

グループの筆頭として株式会社Japan Dental Frontierの全面指示管理のもと
お客様、患者様に最高の歯科治療と受けて頂ける様に、細やかなケアと
満足をお届けしたいと思います。

 JDF Group 人員合算 約650名にて日本の歯科市場に新しいマーケットの
創造と、これまでにない分かりやすく、最高の自費診療をお届けできるよう
全ての体制を整えてまいりますので、今後とも「JDF Group」をよろしく
お願い致します。
                                  敬具

                     記
                                      
2011年6月25日
株式会社Japan Dental Frontier
Customer Service

 
 

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail