恋と歯とアナタとボクの関係 - 思いっきり恋をするために、艶やかな口元になろう!!

JDF Dental Service,株式会社Japan Dental Frontier 内貴の活動

6月 26, 2011

審美歯科、自費治療の認識。

 内貴です。

本日、私の地元で弊社審美治療案内のチラシを知人に配って来ました。

年齢は50~60代の女性の方々でした。

結果

若い世代より認識率は高く製品の価格等のリーズナブルさも理解を得られました。

若い世代より価格や治療に認識が高いのはやはり歯医者にかかって説明を受けた経験があるからでした。

が、しかし

何で良いのか理解されておらず、多少の説明はあったであろうとは思いますが

価格を聞いた時点で完全頭シャットアウトの為、自費治療のメリットが全然理解されていないのです。

本当に驚きのコメントの数々でした。

一番驚いたのは

自費治療したら歯の色は変わらない材質で出来る!!・・・これを知らない方は多々いらっしゃいますが

保険診療で前歯を治したら、色が変わったと申されるんです!!

 
これね当たり前なんです・・・。

色が変わる材質なんですから、だから保険適用内なんですよ。

でもね。。。

患者は知らなくて当然なんです。

悪く無いんです。

悪いのはキチンと説明のしない歯科医師にあります。

虫歯で前歯を治療し、保険と自費って治療があると言う旨だけを告げ

深い説明も無く、ただ自費は高額とだけ伝える。

それでは国が負担してくれる保険にしか目は行かないのは明らかで全く分からないまま治療が終わり

そして時が経ち歯の色が変わり何故なのか患者さんが苦悩する。。。

そうして歯に対する意識が薄れるばかりでなく

自費は特に違いはなく、ただ高いと言う変な認識が生まれていると言う現実がありました。

歯科医院での患者に対する配慮に心底落胆すると共に

今回、弊社では歯科医院を抱えて審美治療業務を行っていくにあたって

並々ならぬ熱意をヤル気が再沸騰致しました!!!

Click on pen to Use a Highlighter on this page
Share this: Twitter | eMail

No related posts.

コメントする

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL